クラウンアスリートメンテナンス、レンジスポーツガラスコーティング下地処理

お預かりのレンジスポーツ下地処理。

 

レンジスポーツAピラー 拭き傷

レンジスポーツAピラー 拭き傷

軽調整後。

軽調整後。光源がくっきり映りこんでます。

 

Bピラー。ビフォー。ここは機械研磨痕でしょうか。メラメラです。

アフター。  一切の曇り無く黒い箇所は、黒く!!!

クラウンアスリートのコーティングメンテナンス。

クラウンアスリート 

走行距離20万キロオーバー・・・に見えませんよね??

オーナーは、ガラスコーティングに不信感を抱いた過去をお持ちで、

当店に来店されてからは、ポリマーコーティング一筋!!

&定期メンテナンスで、良好な状態をキープ。

 

高耐久ガラスコーティングでは、決して味わえない、ポリマーはポリマーのメリットがあるんですが、

そのマニアックさゆえに、そこに辿り着く肩は、お客様の中でも少ないのが実情です。

 

プロ施工店の中でも、ポリマーなんてしょーもない・・・って話になることも実際多いのですが、

僕はポリマーは、ガラスコーティングにはないメリットも多く、お客様にとって有用となるケースも多いと考えます。

 

車屋さんで、綺麗過ぎると言われるのがオーナーの密かな喜びなんだとか?!

ガラスコーティングと比べて耐久性は劣りますが、それを補う方向で短周期でメンテナンスを行うことで、ガラスコーティング以上の塗装保護性能をみせることも可能です。

艶感もしっとり、ヌメーっとが好きな方にはたまらない、ポリマーコーティング。

正直、人気のあるコーティングメニューではありませんが、性能的にもまだまだ現役で活躍してくれることでしょう。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です