ロードスター ガラスコーティング、ビニール幌クリーニング&コート施工

今回は二日間で、下地処理からガラスコーティング施工を作業させていただきました。

汚れが気になれば、車体の下に潜りこみ、カッパ着て下回りを洗浄するほどの変態?オーナー。^^;

 

中古車の積年溜め込んだ汚れを、二日間で完璧に仕上げるのは、少々時間足らずなんですが、

この辺りはご予算や年末繁忙期の他の予約との兼ね合いもありましたので、

なるべく最善を尽くす作業をプランニングさせて頂いたつもりです。

コーティング施工が完了し納車の際、綺麗になった愛車を眺めるお客様の反応は様々です。

 

テンション高めに喜ばれるお客様。

愛車をナデナデして、ツルツル感に驚かれるお客様。

車に顔を近づけて、塗装面を覗き込まれるお客様。

 

いろいろなお客様がおられますが、マニアックありま君様、過去に・・・

納車の際に、愛車の横に寝そべって…ここも綺麗になってるー!と、そんなこんなもございまして。

今回、おもむろにドアを開け、スカッフプレートの辺をガサゴソするオーナー。

バキッっという音と共に、スカッフプレートが外れました。

見えなかった部分の汚れが露わになると共に、そんなに簡単に外れるのかぁ・・と関心する僕。

 

部品の脱着が必要な場合、部品破壊のリスクが有るため、基本的にはお受けしておらないんですが、

そこ見ますかーありま君様ー!と、内心勝負に負けた気がしました。(汗)

 

その次は、トランクをおもむろに開け、ゴムモールを外すありま君様。

 

 

あ、そこ見ますかぁーーと。^^;

普通にクリーニングはして汚れはほぼ除去してましたが、ゴムモール外すと砂、泥が中に入り込んでおるのが見えました。

 

なるほどぉ。

そうくるのかぁ・・と。

 

ありま君様の変化球はなかなか厳しいですなぁと。

外角いっぱい角の端。

ボールかと思いきや、審判ストライクの判定。(意味不明)

 

こりゃー一本取られましたなと。^^;

ただ、どこまで拘るかはオーナー次第で、変態的にこだわろうとすれば、作業時間も青天井。

それに伴いまして、作業費用も高額になってまいます。

 

まぁでも作業の良し悪しを決めるのは、僕じゃなくてオーナーです。

 

ありまくん様のように、ゴムモールの中まで綺麗にしたいなーてお客様は、事前の打ち合わせの際にご希望をお聞かせ下さいね。

いつもご予算の一歩上を行く仕上がり…を目指して作業させて頂いております。

が、流石にゴムモール外して汚れクリーニングは、他の作業との兼ね合いもあり、正直想定外。

 

そんなこんなで、

今後、オーナーにはもうちょっとここを綺麗に・・って箇所をあら捜ししてもいまして、

次回以降のメンテナンスの際に、ボチボチに手を入れて行きましょう・・とご提案させていただき、納車させて頂きました。

 

本気で拘りだすと、全塗装してエンジンの中までピッカピカにしかねない程のオーナーですんで、

ご本人も年式も年式だけに、本気にならないと申しておりましたが、どうなることやらー。

 

ありま君様。

この度は、復数台目のご依頼賜りまして、有難う御座いました。

今後共宜しくお願いしますねぇ。m(__)m

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です